curriculum

Seed Tech Schoolのカリキュラムをご紹介します。

/ シードテックスクールの特徴

海外合宿型留学だから実現する
「英語」×「IT」カリキュラム

Seed Tech SchoolのIT留学の特徴は、バラエティ豊富なカリキュラムとそのボリュームにあります。
こちらでは、英語とプログラミングそれぞれのカリキュラムの特性をご紹介します。

プログラミング学習について

必修・選択科目制度

エンジニアになるためのコアとなる必修科目と、トレンドの技術やビジネススキルなどの幅広いカリキュラムを学べる選択科目があります。

バディ制度

授業は日本人エンジニア講師、フィリピン人エンジニアアシスタントの2人体制で展開するため、日本語と英語のどちらでも学習可能になります。

開発合宿

1日中チームメンバーと本気でぶつかり、協力しながらオリジナルサービスを開発する合宿を行います。
※詳細は留学アドバイザーへご質問ください。

英語学習について

マンツーマンレッスン

1日3~4時間のマンツーマンレッスン。
自身の英語レベルに合った授業を受けることができ、自分のペースでレベルアップを図ることができます。

テクスタツアー

サービス開発の現場を見学することで実務イメージを掴むことができます。開発のやりがいや難しさなど、生の声を英語でヒアリングできます。

GEEK DAY

卒業発表は30-50人の前で、英語で発表していただきます。IT企業の役員や人事担当などゲストをお招きすることもあります。

必修選択科目について

Seed Tech School に入学する生徒の目標・夢は様々です。そのため、エンジニアとしての根幹を身につける必修科目と、キャリアの選択肢を広げる選択科目を提供しております。

ゼロから実務レベルに対応できる必修科目

コース紹介

就職後に現場で実務に対応できるエンジニアになれるよう、実務対応に最適化されたカリキュラムに取り組んでもらいます。
デザイン、設計、コーディング、リリース、改善のフローをインプットしながら進めることで、サービス開発に必要なスキルが磨かれます。

キャリアの選択肢を広げる

コース紹介

Webエンジニアのみに捉われず、キャリアの選択肢を広げることで、⼀⼈⼀⼈の可能性を⾒出すためのカリキュラムが揃っています。あらゆるキャリアの実現に最適化された内容をご提供しています。

授業以外でも徹底サポート

コース紹介

つまづいたところをスクール時間外にも質問できる環境が整っているため、超高密度、ハイスピードな学習が可能です。
受講するだけでは意味がない。成果にコミットするために、挫折させないサポート体制が充実しています。

「Life Shift(人生を変える)」をトークテーマに、外部企業の役員やNexSeedの海外経験豊富な社員や卒業生などの豪華講師陣により授業が展開されます。人生の次のステップを考える“きっかけ”を掴むことを目的としてます。

12週間の学習コース

Seed Tech SchoolのIT留学では、
語学力からプログラミング、ビジネススキルまでを12週間で習得することが可能です。

コース
  1. TOP
  2. カリキュラム内容
セブ島留学のお申込みも
受け付けています
資料請求 面談の予約